作家とライターの違いってなに?から考えるライター業務の本質

どんなに読者をうならせるような上手な文章を書いたり、バズるような面白い記事を作ったりしても、それによって依頼者の目的がかなえられないのであれば、プロのライターの仕事としては失格だということです。


作家とライターの違いは、執筆の動機の発生場所

ビジネスライターの業務に関係あったりなかったりすることを書いていくコラムです。

今回は、ビジネスライターに限らず、ライターというのがどんな仕事なのかを考えてみたいのですが、そのために「作家」と「ライター」の違いはなにか? というところから入ってみたいと思います。

作家も、ライターも文章を書く仕事です。外から見れば似たような仕事なので、作家とライターを混同する人もいます。また、中には作家とライターを兼業している人もいます。ライターとか作家というのは人間の分類として使われることもありますが、本来は職業の分類なので、作家仕事が中心だけどたまにはライター仕事をやるとか、その逆のこともあるでしょう。しかし、それぞれの仕事の本質を考えると、両者には明確な違いがあります。

その違いを一言でいえば、「文章を書く動機が、内発的なものか、外発的なものか」ということです。すこし格好つけた言い方をするなら、「自分のために書くのか、他人のために書くのか」の違いだともいえます。

作家というのは、小説家、評論家、詩人など、主に創作的、文芸的な文章を書く仕事です。作家が書いた文章は「作品」と呼ばれます。作家が作品を書くのは、自分がそれを書きたいからという内発的な動機から生じるものです。

もちろん、作家というのは職業ですから、生活の糧を得るためという目的もあります。また、編集者などから作品のテーマについてアドバイスをもらうこともあるでしょう。しかし、最終的に「なにをテーマにして、どのように書くのか」は、作家が自分で決めることに変わりはありません。これがつまり、動機が内発的だということです。

ですから、作家は注文がなくても作品を書くということがあります。自分が面白い、興味ある、書きたいと思ったものを書く、つまり自分のために書くのが作家だからです。

そしてその「作品」が自立的な価値を持つ、つまり作品が作品であることによって求められることも、作家という仕事の本質を表しています。

ライターは作品を書かない

一方、職業としてのライターは、自分が書きたいから書くわけではありません。あくまで依頼者から注文を受けて、依頼者が欲している文章を書きます。「なにをテーマにして、どのように書くのか」は、ライターの内発的な動機にもとづいて決められるものではなく、依頼者の依頼内容によって決められるものです。

そのため、注文を受けていないのにライターが文章を書くということは、通常あり得ません。ライターは、あくまで依頼者のためという動機で書くからです。

ここで重要になるのが「依頼者の動機はなにか」ということです。 依頼者がライターに求めているのは、文章によって、依頼者が抱えている何らかの問題を解決したり、課題を達成することであり、ライターの文章はそのための「手段」として必要とされます。

つまり、依頼者は、ライターが書いた「文章そのもの」が欲しいわけではありません。先に、作家が書く「作品」は、作品そのものに自立的な価値があると述べました。ライターが書く文章は、依頼者の目的を実現することによってはじめて価値が実現されます。その意味で「作品」でありません。この点も、作家とライターの違いです。作家には作品=文章そのものが求められます。しかし、ライターには文章そのものが求められているわけではありません。ライターは作品を書かないのです。

ライターが提供する商品は、依頼者の目的実現のサポート

ライターが提供する「商品」は、注文者から与えられたテーマ(お題)にしたがって書いた「文章」だと思われがちです。もちろん文章も商品ですが、それは、目に見える仕事の表層部分だけです。ライター業務の本質はなにかといえば、依頼者の目的を理解し、問題解決や課題達成をかなえるような文章を提供することです。言い換えると、文章という手段によって、依頼者の目的実現を手助けすること、それがライター業務の本質であり、ライターが提供すべき「商品」です。

したがって、仮に依頼者から出されたテーマに沿った文章であったとしても、その文章が依頼者の課題達成にあまり役立たないものであれば、結果として不十分な仕事だったということになります。どんなに読者をうならせるような上手な文章を書いたり、バズるような面白い記事を作ったりしても、それによって発注者の目的がかなえられないのであれば、プロのライターの仕事としては失格だということです。

一方、注文者の課題達成のためによりよい記事テーマやスタイルの設定が考えられるなら、それを積極的に提案するのもライター業務の重要な業務になるでしょう。ライターの業務では、単に上手な文章を書くことだけではなく、書く前に「なにを、どう書けば依頼者の目的をかなえられるか」を考えるプロセスも、非常に重要です。

わたしのWebサイトの業務説明などでは、「目的をかなえるためのライティング」「課題達成のための文章」というようなことをしばしば書いています。しかし、ライターというのはすべからくなんらかの課題達成を目的にして文章を書くべき仕事なのですから、これは本来は言うまでもない、当たり前のことです。

では、なぜわざわざそれを書いているのかというと、ライターの仕事の本質が、世の中ではあまり理解されていないように思われるからです。

ライターというのは、「上手な文章を書く仕事」「面白い記事を考える仕事」「取材をして人の話を聞き出す仕事」、そんな風に捉えられることがあります。もちろん、それらはライターという仕事の一面を表している部分もありますが、本質ではありません。

ライターという仕事の本質は、「文章によって依頼者の目的をかなえること」であり、ライターが書く文章はそのための手段でしかありません。

もしあなたが、ライターを選ぶ立場になったときは、上記をしっかり理解し、目的をかなえるための提案をしてくれるライターを選ぶとよいでしょう。